EPUB 3.0対応の「一太郎2012 承」--個人向け電子出版でスタンダード目指す

坂本純子 (編集部)2011年12月08日 20時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは12月8日、最新の電子書籍フォーマット「EPUB 3.0」に対応した、日本語ワープロソフト「一太郎2012 承(しょう)」を2012年2月10日に発売すると発表した。

  • 一太郎2012 承とATOK 2012 for Windowsのパッケージ

 2011年版の「」に続き、今回は「承」と名付けられている。美しい日本語の文化を未来へと継承していくために役立つ製品でありたいとして、日本語の表現に関する機能を強化したことから、その思いを込めて承としたという。

  • ジャストシステムの新しいイメージキャラクターとして桐谷美玲さんを起用

電子書籍作成・販売プラットフォーム「パブー」との提携も

 一太郎2012 承は、今回初めてEPUB3.0形式に対応。EPUB3.0は日本語固有の「段組」「縦書き」「ルビ」などの表現まで仕様を拡張した最新の電子書籍フォーマットだ。大画面のPCからスマートフォンなどの小型端末まで、表示する端末に合わせて文字や図を適切に再配置する「リフロー型」のフォーマットで保存可能。1ページ目や指定した画像を表紙にすることができ、EPUB形式の保存に適したテンプレートも収録している。

  • 書いた文書を保存する際「EPUB保存」すると電子書籍が作成できる

 また、paperboy&co.が運営する電子書籍作成・販売プラットフォーム「パブー」と提携。一太郎のユーザーがパブーを簡単に使えるようにし、電子書籍を作成した後の公開をサポートするとしている。

 ジャストシステム代表取締役社長の福良伴昭氏は、「作成した後公開をどうするのか。(一般向けに)展開しなければ意味を成さない。その答えがパブーとの提携。個人向け電子出版のスタンダードを目指す」と意気込む。

  • 個人向け電子出版のスタンダードを目指す

 paperboy&co. 取締役 副社長の吉田健吾氏が登壇し、「パブーでは1万9000冊を公開しているが、作品数が一番多いのは小説。縦書きやルビの要望やニーズが多くある。こういった要望がEPUB 3.0で実現することに大きな期待をしている。パブーではブログと同じようなインターフェースで作成できるが、ブラウザ上で縦書きがどのようにできるかはまだまだ未知数。たくさんの文書作成を補助するには一太郎を使うのがよいのではないか。こうした連携を通じて、よりよい作品が公開されることを願っている」と語った。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加