富士通、10年保存のアルカリ乾電池「PremiumG」発売へ

加納恵 (編集部)2011年12月01日 18時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通のグループ会社FDKは、正負極材料の容量を増やすことで長持ちハイパワー性能を向上させた新アルカリ乾電池「PremiumG(プレミアムG)」を発表した。2012年4月に発売する。

  • 「PremiumG」

 PremiumGは、従来製品「G PLUS」に比べ、正極缶側面の厚さを20%薄くすることで、正負極材料の容量を約6%増量し、ハイパワー化しているとのこと。さらに電池材料の亜鉛に含まれる不純物を極限まで低減させ、ガス発生抑制のための添加元素を削減することで、反応性が向上し高出力性能を高めたとしている。

 外装には缶内面の鉄とニッケルメッキとの間に合金化層を設ける独自の缶三層構造を採用。缶内の鉄溶出によるガス発生を抑制し、缶内圧の上昇を抑えることで漏液防止性能も向上させたとのことだ。

 FDKによるとPremiumGは、放電、未使用漏液、過放電漏液、耐衝撃、大電流の各性能が大幅に向上し、富士通アルカリ乾電池史上で最高性能の新製品になったとのこと。単1~単4形の使用推奨期限は、従来品の5年間から10年間に延長している。

 発売されるのは単1~単5形、9V形。店頭想定価格は単3形乾電池4本パックで約500円程度。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加