通信事業者6社、「災害用音声お届けサービス」のガイドラインを策定

松田真理 (マイカ)2011年11月28日 17時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・アクセスの6社は11月28日、災害時にパケット通信を利用して音声メッセージを届ける「災害用音声お届けサービス」の共通ガイドラインを策定したと発表した。

 災害用音声お届けサービスは、発信者が携帯電話でファイル化した音声をパケット通信で届けるというもの。音声通信が混みあい、電話がかかりにくい場合にも安否確認できる点がメリットだ。

 今回策定した共通ガイドラインでは、サービス名称を統一することや、相互接続を可能にする運用について仕様を定めている。今後、相互接続を実現するために、通信事業者間が連携する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加