自信だけでは乗り切れない--フリーランス転向を考える人への10のアドバイス - (page 2)

Scott Lowe (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 編集部2011年11月29日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#3:できるだけ早く顧客層の多様化を実現する

 会社から独立後すぐ、大きな売上をもたらすクライアントの獲得に成功したというのであれば、それは素晴らしい話だ。しかしそれだけで満足してはいけない。2人目、3人目、そして4人目のクライアントを獲得する必要がある。仕事の全体的な品質を犠牲にすることなく、できる限り多くのクライアントから仕事を受けるように心がけるべきなのである。企業にとっては、従業員を辞めさせるよりも、フリーランサーをお払い箱にする方がずっと簡単であるはずだ。また、経営環境が厳しくなったという理由で、あなたへの仕事の依頼を減らす、あるいはゼロにする企業もあるだろう。

教訓:1つの容れ物にすべての卵を入れるなかれ。

#4:正式な契約書を交わすようにする

 サービスを提供するにあたっては、あらゆるクライアントと--友達や家族も含む「すべての」クライアントと--契約書を交わすようにするべきである。金銭をめぐるいざこざのせいで友情が壊れたり、家庭崩壊に陥るケースも多いのだ。また、クライアントに支払いを迫らなければならない状況、あるいはサービス範囲についてクライアントともめるような状況に陥った場合でも、契約書があればいつでも自らの主張の正しさを裏付けることができる。

教訓:誰がクライアントであろうと、ものごとははっきりと文書化しておくこと。最悪の事態を想定しておくことが大事なのである。

#5:自分の仕事を好きになる

 あなたが今後行うことになる仕事は、あなたの人生において情熱を注いでいく対象そのものとなるため、それを好きになることが望ましい。複数の読者からも、フリーランスで働くのであれば長時間労働や、とんでもないスケジュール、厳しい要求を行うクライアントといったものを覚悟しておく必要があるというアドバイスが寄せられている。フリーランスになれば自らの裁量で労働時間を決定できるようになると考えている人もいるかもしれないが、常にそういったことが可能であるとは限らない。また、クライアントとあなたが意見を異にすることもあるため、より柔軟な感覚を身に付ける必要も出てくるだろう。このため、自らの仕事を好きにならなければ、毎日は惨めなものになるはずだ。このことは、フリーランスで働くかどうかにかかわらず、すべての仕事に当てはまる重要なポイントである。

教訓:自らの仕事を好きになること。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]