logo

富士フイルム、光学26倍ズーム搭載「FUJIFILM X-S1」

エースラッシュ2011年11月24日 19時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは11月24日、光学26倍ズームを搭載したデジタルカメラ「FUJIFILM X-S1」を12月7日より発売すると発表した。市場想定価格は8万円前後だ。

 プレミアムカメラ「Xシリーズ」の第3弾として発売されるFUJIFILM X-S1は、35mmフィルム換算で24~624mm相当のフジノン光学26倍マニュアルズームレンズを搭載したプレミアムロングズームデジタルカメラだ。絞りは広角の開放F値で2.8、望遠側で5.6。撮像素子には有効画素数1200万画素の2/3型 EXR CMOSセンサを採用している。連写性能はフル画素(Lサイズ)で約7コマ/秒、600万画素(Mサイズ)で約10コマ/秒。

 表示部に関しては、0.47型の電子ビューファインダおよび、上下に可動する3.0型のマルチアングル液晶を搭載している。シーン認識、人物の有無、逆光の判断、被写体の動きの有無を検出し、自動で撮像方式(高感度・低ノイズ優先/ダイナミックレンジ優先/高解像度優先)を切り替えられるほか、ISO 100~12800の幅広い感度とオート設定、独自のフィルムシミュレーションモード、RAW撮影とカメラ内RAW現像機能なども特長となっている。


「FUJIFILM X-S1」

-PR-企画特集