logo

グーグル、「Google Reader」を刷新--「Google+」の機能を取り入れる

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2011年11月01日 11時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間10月31日、同社「Google Reader」のアップデートを公開した。ニュース記事を集めて閲覧するための同サービスは、10月に入ってから約束されていたように、デザインが新しくなった。

 Google Readerはこれまで、場当たり的に配置されたフレーム内にウィジェットとリンクがあるだけという未整理な状態だった。一方、「Google Apps」の「Docs」や「Calendar」といった他の製品は、過去数カ月の間に新しい外観が適用されてきていた。

 新しいGoogle Readerは、「Google+」と新しい「Gmail」のユーザーインターフェースを組み合わせたようになっている。

 Readerは、他のどのサービスよりもGoogle+に似ている。友達の申請、フォロー、アイテムの共有、コメントなどの既存機能は、Google+が持つ同様の機能を採用する形で取り除かれている。例えば、+1ボタンが「Like」オプションの代わりに使われている。

 GoogleのソフトウェアエンジニアAlan Green氏はGoogle Readerブログで、ユーザーは「新しいReader (そしてGoogle+)をわれわれ同様に気に入ってくれるだろう。もちろん、一部では受け入れられないだろうことも理解している」と述べている。

 Readerの共有機能の廃止は、簡単に決断できるものではなかった。しかし、このおかげで最終的には、より少ない部分に注力し、Google全体を通したより良い体験を構築することができるようになる。

Google Reader

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集