「iPhone 4S」発売から3日で販売台数400万台を突破--アップル

坂本純子 (編集部)2011年10月17日 22時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは10月17日、10月14日の「iPhone 4S」発売から3日間で、販売台数が400万台を超えたと発表した。無料クラウドサービス「iCloud」は、すでに2000万人以上がサインアップしているという。

 iPhone 4Sは現在、米国、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、日本、英国ですでに販売されているほか、10月28日にはさらに22カ国で販売が開始される見通し。年末までにはさらに70カ国で販売が開始されるという。

 Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデントのフィリップ・シラー氏は「iPhone 4Sは、最初の週末で400万台以上を販売するという幸先の良いスタートを切った。電話としては過去最高の数字で、iPhone 4発売直後の3日間の販売台数の2倍以上。iOS 5およびiCloudを備えた過去最高のiPhone」とコメントしている。

 アップルはiPhone 4Sが発売される直前の10月11日、受付開始初日の注文台数が100万台を突破したと発表していた。

◆iPhone 4S日本での発売日
iPhone 4S発売でアップルストア銀座に800人の列--3日並んだ猛者も
KDDI社長iPhone販売に強気--SBMとネットワーク比較で自信
ソフトバンク、iPhone 4Sの販売を再開--システム復旧
ソフトバンク、iPhone 4Sの販売を一時ストップ--登録システムの不具合で
au、iPhone 4S発売によるシステム不具合なし--MNPは「確認中」
auのiPhone初売--KDDIデザイニングスタジオの状況
ソフトバンクiPhone 4S発売--表参道店の状況
iPhone 4S発売--Apple Store銀座の状況
哀悼:スティーブ・ジョブズ
Appleの情報は「アップルセンター」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加