米オラクル、ビッグデータ対応アプライアンス--非構造化データを取り込む

田中好伸 (編集部)2011年10月05日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Oracleは10月3日、ビッグデータに対応するアプライアンス「Oracle Big Data Appliance」を同社開催のイベント「Oracle OpenWorld 2011」で発表した。ハードウェアとソフトウェアを一体化して製品を開発するというOracle独自のコンセプト“Engineered System”に基づいている。

 Big Data Applianceの大きな特徴は、非構造化データにいかに対応するか、という点での解決策を求めたことにある。というのは、非構造化データの分析に強いとされる分散並列処理フレームワーク「Apache Hadoop」に対応しているからだ。

 Big Data Applianceは、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)「Oracle Database(DB)11g」を中核に、Hadoopディストリビューション、分散キーバリューストア(KVS)型データベース(DB)の「Oracle NoSQL Database」、「Oracle Data Integrator with Application Adaptor for Hadoop」や「Oracle Loader for Hadoop」、「Oracle R Enterprise」、Linuxディストリビューション「Oracle Linux」、「Oracle Java HotSpot Virtual Machine」で構成される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加