logo

HP、公開買付けによるAutonomyの買収を完了

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高橋朋子2011年10月04日 14時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)は米国時間10月3日、現金による株式公開買付けを通じてAutonomyの経営権を取得したことを明らかにした。

 HPは、Autonomyの株式の87%以上を、1株あたり現金25.50ポンド(39.72ドル)で取得したという。

 金額が高すぎるとアナリストらは冷ややかな見方をしているが、この買収によってHPは2万5000社の顧客を獲得し、またソフトウェア部門の強化計画を推進することが可能になる。

 Autonomyは、非構造化データ管理のスペシャリストとされる企業だ。HPの最高経営責任者(CEO)を務めるMeg Whitman氏は、Autonomyの買収によりHPは「この種のデータを管理し、そこから意味を抽出して、知見の獲得や予測、優れた意思決定に役立てる」ことが可能になると述べている。

 Autonomyの現CEOであるMike Lynch氏は今後、Whitman氏の直属となり、引き続き事業を統括する。なおLynch氏に対しては、OracleのCEOであるLarry Ellison氏から非難の声が上がっている。Ellison氏によると、AutonomyはOracleにも買収を持ちかけていたとのことだが、Lynch氏はこれを否定している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集