共有タスク管理もできる最新版「サイボウズ Office 9」

藤井涼 (編集部)2011年10月03日 18時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズは10月3日、「サイボウズ Office」シリーズの最新版となる「サイボウズ Ofiice 9」の販売を開始した。また、スケジュールに加えワークフローやメッセージも使えるようになったアプリ「サイボウズ KUNAI」(KUNAI)のiPhone版とAndroid版の無償提供を開始した。

  • 「サイボウズ Ofiice 9」の利用イメージ

 サイボウズ Office 9では、グループウェアの基本機能に加え、新たに業務に合わせたツールを作成できる簡易データベース機能「カスタムアプリ」を搭載。これまでExcelファイルで管理されることの多かった売上や備品情報をサイボウズ Office 9に集約できるようになった。カスタムアプリ上のデータは複数のメンバーで同時に閲覧・更新することができる。

 また、カスタムアプリを共有タスク管理ツールとして利用することもできる。共有タスク管理機能を使うことで、例えば上司は部下たちのタスクの進行状況をひと目で把握できるようになる。タスクを他のユーザーに受け渡して「作業中」「保留」など、ワークフローのように運用することも可能だ。

 同日の記者発表会に臨んだサイボウズ代表取締役社長の青野慶久氏は、「(サイボウズ Office 9)で何が大きく変わったかというと働き方。何度もコミュニケーションしながらやりとりするのではなく、仕事の一覧に沿って皆で仕事をこなすことができる」と語る。

 サイボウズ Ofiice 9では、これまで追加オプションとして提供していたワークフロー、プロジェクト、報告書、ケータイライセンスを加えた「スタンダードライセンス」と、カスタムアプリを利用できる「プレミアムライセンス」の2種類を用意。料金は、スタンダードライセンスが6万3800円(10ユーザー版)から、プレミアムライセンスが8万2800円(10ユーザー版)からとなる。

  • サイボウズ代表取締役社長の青野慶久氏

  • 「サイボウズ Ofiice 9」の料金プラン

 スマートフォンからグループウェアにアクセスできるKUNAIもアップデートした。これまでスケジュール機能中心の無料版「KUNAI Lite」と、メッセージやワークフローも利用できる有料版「KUNAI」の2種類を提供していたが、これらを1本化し無料で提供する。またオプションとして、「リモートワイプ機能」や「端末管理機能」、「ユーザー管理機能」などをセットにしたMDM(Mobile Device Manager)パックを提供する。料金は年額4万8000円(5ユーザー版)からとなる。

 青野氏は、サイボウズとして年末にかけて3カ月連続で大型のリリースを予定していると話し、今回のサイボウズ Office 9とKUNAIがその第1弾だと説明。11月には1ユーザーあたり月額500円から利用できるクラウドサービス「サイボウズクラウド」を、12月には新たな企業向け製品をリリースすることを明かした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加