logo

HPのCEO交代、背景にオラクルによる買収への不安も--Bloomberg報道

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一2011年09月30日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最新の報道によると、Leo Apotheker氏を最高経営責任者(CEO)から退任させたHewlett-Packard(HP)取締役会の決定には隠れた理由があったのかもしれないという。

 Bloombergは、複数の情報筋の話として、HPの取締役会がCEOをApotheker氏からeBayの元CEOであるMeg Whitman氏に交代させた理由の少なくとも一部は、Oracleから一方的に買収を提案されるところまで株価が下落するのを防ぐことだったと報じている。ただし、BloombergのOracleに近い他の情報筋によると、同社はHPの買収を検討していたが当面の計画にはなかったという。

 Apotheker氏の在任期間中の株価は株主にとって大きな懸念材料だった。同氏が2010年11月にHPのCEOに就任した時、同社の株価は1株あたり42ドル前後で推移していた。しかし同氏が先週解任された時点では、同社株は1株あたり約23ドルで取引されていた。Bloombergの情報筋によると、Whitman氏が同社の株価をもっと適切な水準にする助けになると取締役会は考えたという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集