logo

パイオニア、ダンサー向け「STEEZ」ヘッドホンを発表--テンポをとりやすい音作り

加納恵 (編集部)2011年09月07日 18時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは9月7日、ダンサー向けオーディオ「STEEZ(スティーズ)」シリーズにヘッドホン「STEEZ HEADPHONES」2機種を発表した。低域再生を強化したほかテンポの取りやすいクリアな音質を再現するという。発売は10月中旬。

  • 「SE-D10M」

 STEEZは、同日発表されたダンサー向けオーディオ製品の一つ。ダンスをする際に有効な機能や形状を取り入れたダンサー仕様にしたほか、ダンスを「踊りやすい音」として仕上げたとしている。ヘッドホンのほか、ミュージックシステムやポータブルオーディオが発表されている。

  • 「SE-D10M」

 STEEZ HEADPHONESは、オーバーヘッドタイプの「SE-D10M」と、インナーイヤータイプの「SE-D10C」を用意した。

 SE-D10Mは、口径40mmのスピーカユニットを搭載した密閉型ダイナミック式のオーバーヘッドヘッドホンだ。1.2mのコードは片出し式を採用。折りたたみ機構により、収納ができ持ち運びもしやすい。標準装備のイヤーパッドのほか、色違いの着せ替え用イヤーパッドを2種類と2mの延長コードが付属する。カラーはホワイトとブラックの2色。ホワイトにはブルーとピンク、ブラックにはグリーンとオレンジのイヤーパッドを組み合わせられる。店頭想定価格は5000円前後になる。

 SE-D10Cは、口径9mmのスピーカユニットを内蔵した密閉型ダイナミック式のインナーイヤーヘッドホンだ。スピーカユニットとノズルを耳穴の方向に向けることで、高音質再生ができるとしている。イヤホンチップはXS、S、M、Lの4種類を同梱。1.2mのコードには、からみ防止スライダが付属する。カラーはホワイトとブラックの2色になる。店頭想定価格は3000円前後になる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集