logo

「Windows 8」のUI、「Metro」と従来型の両方が利用可能に--MSのシノフスキー氏が明かす

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一2011年09月02日 11時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは「Windows 8」で、新しい「Metro」インターフェースを利用するか、従来のデスクトップに近いスタイルにするかをユーザーが選べるようにするという。

 MicrosoftのWindowsおよびWindows Live部門プレジデントを務めるSteven Sinofsky氏は、米国時間8月31日付けの「Building Windows 8」ブログ記事で、Windows 8搭載マシンでは「高速で動作は滑らか、イマーシブ(没入的)で美しい、アプリを中心にした」Metroインターフェースが使えることを確認した。

 Metroユーザーインターフェースはタッチスクリーン対応で、全体的なテーマは「Windows Phone 7」から受け継いでいる。スマートフォンやタブレットを念頭に設計されているが、従来のPCでも利用できる。

 だがMicrosoftは、PCを細かくコントロールしたいユーザー向けに従来のデスクトップインターフェースも代わりに提供する。デフォルトではMetroは、Windowsデスクトップを表示せず、ロードもしない。ただし、もっと慣れ親しんだ環境を使いたいユーザーは、手軽にインターフェースを切り替えてデスクトップを表示できる。Sinofsky氏によると、WindowsデスクトップはWindows 8が搭載している「もう1つのアプリ」のようなものだという。

 「新しいMetroスタイルのアプリが搭載されているからといって、人々が現在PCで行っている操作が突然消えてなくなるわけではない。最良のオプションとしてタッチ機能が提供されるからといって、人々が現在頼りにしているメカニズム(マウス、物理キーボード、トラックパッド)が突然役に立たなくなったり『良くない』ものになったりするわけではない。これらのツールは往々にして、多くの作業を行う上で最も人間工学的に優れ、高速で強力な手段となる」と、Sinofsky氏は語る。

 Microsoftに対してMetroに全力を注ぐことを求めてきたユーザーがいる一方で、Metroをモバイル端末向けのUIと考えるユーザーもいることを勘案し、Sinofsky氏は両方のインターフェースを採り入れるのが最善の選択と考えた。

 「これはバランスの問題で、今後数カ月のうちにこのブログで大いに話題にしていく。両方のユーザーインターフェースをうまく調和させることがWindows 8の重要なポイントだ」と、Sinofsky氏は述べた。

Windows 8のMetro UI
Windows 8のMetro UI
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集