logo

3Dメガネ標準化へ東芝、シャープなど4社が新たに賛同

加納恵 (編集部)2011年08月31日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 家庭用3Dメガネの標準化を目指す「フルHD 3D グラス・イニシアチブ」に、フィリップス、シャープ、TCL、東芝の4社が賛同すると発表した。

  • 「フルHD 3D グラス・イニシアチブ」ロゴ

 フルHD 3D グラス・イニシアチブは、パナソニック、サムスン電子、ソニー、XPANDの4社が参加しており、8月上旬に提携を発表。共同で開発しライセンスする技術の中には、Bluetoothをベースに無線(RF)を利用した3Dアクティブメガネと、テレビ、PC、プロジェクタなどの3Dディスプレイと3Dアクティブメガネの間のRFシステム通信プロトコル、パナソニックとXPANDが共同で、サムスン、ソニーが各々で開発した複数の赤外線(IR)通信プロトコルなどが含まれている。

 9月下旬には、フルHD 3D グラス・イニシアチブとしてライセンスプログラムを開始予定で、製品の開発や製造を行う。さらに2011年後半にはライセンスを受けて製造された製品の認証を開始し、認証を受けた製品に対しては、イニシアチブのロゴを使用するとしている。

-PR-企画特集