logo

アメーバピグ、「小人国」の名称で中国展開を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは8月24日、1億人以上の会員を有する中国最大級のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Kaixin001(開心網)」で、アバターコミュニティサービス「小人国」を開始した。

 小人国は、日本国内で利用者数850万人以上を超えるアバターコミュニティサービス「アメーバピグ」の中国向けサービス。開発および運営は、サイバーエージェントの投資先である中国のソーシャルゲーム開発会社FiveMinutesが担当する。

 FiveMinutesは、Kaixin001以外の中国国内SNSでも小人国のサービスを展開する予定。12月までに登録者数200万人を目指す。

 サイバーエージェントは今後、登録者数400万人を超えるFacebookアプリ「AmebaPico」や、今回の小人国に続き、他の地域でもアメーバピグのローカライズを展開するとしている。

-PR-企画特集