logo

CEO辞任のジョブズ氏、自らメッセージ--「残念ながら、その日が来てしまった」

CNET News staff  翻訳校正: 編集部2011年08月25日 11時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間8月24日、Steve Jobs氏の最高経営責任者(CEO)辞任と同社最高執行責任者(COO)Tim Cook氏を後任として選任したことを発表した。同社によると、Jobs氏は会長に選任されており、Cook氏は取締役会に直ちに加わるという。

 ここでは、Jobs氏が送付した辞任に関するメッセージを掲載する。

Steve Jobs

Apple取締役会およびAppleコミュニティーへ

 わたしは常々、AppleのCEOとしての職務や期待に応えることができなくなる日が来たら、最初に自ら皆さんにお知らせすると私は常に話してきた。残念ながら、その日が来てしまった。

 わたしは、AppleのCEOをここに辞任する。取締役会が適任と判断してくれるなら、取締役会長、ディレクター、そして、Apple社員として役立ちたいと思っている。

 後任に関しては、われわれの後継者プランの実行とTim CookをAppleのCEOとして選任することを強く勧める。

 わたしは、Appleの最も輝かしく、革新的な日々が前途に待ち構えていると信じている。また、わたしは、新しい役割においてその成功を見守ること、そして、貢献することを楽しみにしている。

 わたしは、人生における最高の友人をAppleで作ることができた。皆さんとともに何年にもわたり働くことができたことに感謝する。

Steve

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集