logo

シャープ、NFCとAndroid2.3搭載の企業向けタブレット--約395gの小型軽量

坂本純子 (編集部)2011年08月22日 15時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは8月22日、FeliCaなどに対応するICカードリーダライタを標準搭載した企業向けタブレット端末「RW-T107」を9月5日に発売すると発表した。価格は6万円前後を想定するが、量販店などで個人向けには販売しない。

  • 企業向けタブレット端末「RW-T107」

 7型液晶を搭載し、NFC(ISO 14443 Type A、FeliCa)に対応。前面に200万画素、背面に300万画素のカメラを備える。重さは約395g、厚さは約11.5mmの軽量・コンパクトなボディながら5400mAhの大容量バッテリを内蔵し、約8時間の駆動が可能という。OSはAndroid 2.3で、Android マーケットから用途に合わせて必要なアプリケーションをダウンロードすることも可能だ。

 シャープでは、アパレル関連の接客支援、銀行・保険業の渉外支援ツール、小売チェーン店の会員カードシステム構築をはじめ、保守サービス業での業務マニュアルの電子化対応、教育現場への導入など、幅広い業務での活用を積極的に提案していくとしている。

-PR-企画特集