logo

マクセル、ラバーコートで遮音性を高めたヘッドホン--スマホ対応も用意

加納恵 (編集部)2011年07月25日 19時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルは7月25日、インナーイヤー型ヘッドホンの新製品として「HP-CN03」(CN03)と、マイク付きリモコンを付属したスマートフォン対応の「HP-SP03」(SP03)を発表した。内部にラバーコーティングを施し、遮音性を高めたという。発売は7月30日。店頭想定価格はCN03が1000円前後、SP03が2000円前後になる。

  • 「HP-CN03」

 両機種ともに、ハウジング内部にラバーコーティングを施した「インナー遮音コート」を採用することで、振動を抑え音漏れを軽減。従来のインナーイヤー型ヘッドホンに比べ、遮音性を約50%向上できたとしている。

 ポート部は楕円形の「オーバル型ポート」を採用し、フィット感と装着感をアップ。直径9mmのドライバユニットを搭載した。イヤーピースはSS、S、M、Lの4サイズを付属。抗菌作用のある銀イオンを練り込み、抗菌加工が施されている。いずれもL型の3.5mmステレオミニプラグを採用する。コードの長さは1.2m。

 SP03は、ボタン操作で電話の着信応答、通話終了ができるマイク付きリモコンを装備。ボディカラーはブラック、ブルー、イエロー、マゼンタの4色。CN03はホワイト、ブラック、ピンク、イエロー、ブルー、マゼンタ、レッド、ミックスの8色展開になる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集