logo

グーグル、顔認識ソフトウェアのPittPattを買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが顔認識ソフトウェアのPittsburgh Pattern Recognition(PittPatt)を買収した。PittPattがウェブサイトで明らかにした。

 ホームページの説明によると、PittPattは画像や動画から顔面を認識するソフトウェアを開発する企業。カーネギーメロン大学のThe Robotics InstituteでHenry Schneiderman博士が学生時代から研究してた物体認識技術を擁し、2004年に同大学から分離独立する形で創業した。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]