アップル第3四半期決算、売上高285.7億ドルを記録--「iPhone」販売台数142%増 - (page 2)

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年07月20日 07時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cook氏は、「一部のユーザーは今四半期、新しいMacの代わりにiPadを購入することを選択したと考えている」と述べるとともに、「しかし、より多くの顧客がWindows PCの代わりにiPadを購入することを選択している。以前話したように、Macよりも多くのWindows PCビジネスが侵食を受けている」と説明した。

 また同氏は、Lionがリリースされるまで新しいMacを買い控える現象が一部に見られたと述べた。この新しい29.99ドルのOSアップデートを6月に発表して以来、Appleは、新たにMacを購入した顧客に対し、同OSが20日に公開された際に利用可能な無償アップグレードを提供してきた。

 「iPod」の販売台数は754万台と引き続き減少しており、前年同期の941万台からは20%減少した。

 全般的には、米国外の売上高が同四半期総売上高の62%を占めたとAppleは述べた。最も大きな割合を占める地域は欧州で、以下、アジア太平洋地区、日本と続く。

 Appleのシニアバイスプレジデント兼最高財務責任者(CFO)を務めるPeter Oppenheimer氏は、次の四半期の見通しについて、売上高は250億ドル、1株あたり利益は5.50ドルという予測を示した。ウォール街の一致した見解である6.36ドルと比べると、控えめな予測になっている。

 Appleは決算発表では「Apple TV」に触れなかったものの、Cooks氏が電話会議で次のようにコメントしている。

 「Apple TVは引き続き成功しているが、誤解してほしくない。われわれは依然として、Apple TVへの取り組みを趣味と呼んでいる。Apple TVを別の柱と考えてもらいたくないからだ。iPhone、iPad、iPodとは別のマーケットの製品である。顧客の受けは良いし、昨秋の新Apple TVの発表は成功だったと思う。だが、状況としてはまだ趣味の段階だ。(しかし)投資は続ける。なぜなら、そこには価値があるからだ」

◇2011年7月20日発表のアップル新製品群
絵で見る「OS X Lion」日本語版の新機能--約2年ぶりのメジャーアップデート
アップル、国内でも「OS X Lion」をリリース--250を超える新機能を搭載
アップル、「MacBook Air」を刷新--Thunderbolt採用で8万4800円から
アップル、「Mac mini」を刷新--Thunderbolt搭載で5万2800円から
新登場の27インチ「Apple Thunderbolt Display」--ドッキングステーション機能
Thunderbolt搭載のMacBook Air、Mac miniなど刷新--ディスプレイも登場

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]