logo

【レビュー】自宅テレビの映像を外出先で見られる「VULKANO FLOW」 - (page 4)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホ用アプリ込みで1万円台で実現できるロケーションフリー環境

 最後に、実際に使ってみて気になった点、注意すべき点をまとめておこう。

  • 主な同梱品。映像ケーブルとしてはコンポジットケーブルとコンポーネントケーブルが用意されている

 ハードウェアについて唯一残念な点があるとすれば、D端子やHDMI端子を持たないことだろう。特にPCなど高解像度の環境で視聴する場合、画質にはプラスアルファを求めたくなる。環境によってはコンポーネント端子から変換するためのケーブル代の実費が必要になることは、考慮しておいたほうがよさそうだ。

  • 複数のビューアを起動しようとすると、すでに接続されているビューアが存在する旨表示される。リモートで切断することはできない

 また、複数のデバイスで同時に視聴できない点は注意すべきだ。本製品はパーソナルユースを前提とした製品であり、法律的な観点からも複数人への配信はできないよう制限されているが、例えば自宅でPC用のビューアを起動したまま外出してしまうと、出先でスマートフォンによる視聴ができなくなってしまう。PCを常時起動しているユーザーでは起こりうる問題なので、将来的にはスマートフォン側からの操作で配信先を切り替えられるようになるといった改善を期待したい。

 いずれにせよ、スマートフォン用のビューアアプリも含めて1万円台で、こうしたロケーションフリー環境が手に入ってしまうのは驚きだ。自力で設定が難しいユーザーのために有償の設置サービスも用意されているが、それを含めても3万円台と、他社の同等製品よりも安価で入手できるなど、コストパフォーマンスの高さは折り紙付き。これまでロケーションフリー製品にあまりなじみがなかったユーザーも、チャレンジしてみる価値はありそうだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]