logo

【レビュー】自宅テレビの映像を外出先で見られる「VULKANO FLOW」 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

設定はやや面倒だが画質は非常にクリア、ワンセグとの差は歴然

 ざっとセットアップの流れを解説しておこう。ひとつひとつの作業は難しいわけではないのだが、工程が複数におよぶため、なにかとつまづきやすい。ルータの設定変更が必要な場合もあるので、ほかの端末でネットを利用していない時間帯にセットアップしたほうがよいだろう。また製品には英語マニュアルしか添付されていないので、販売元が用意している日本語セットアップガイドをダウンロードすることをおすすめする。

  • PC側で専用ソフトをインストールし、最後でセットアップウィザードを起動する選択をして終了すると、ひきつづきセットアップに入る

 まずは配線。利用環境に応じて機器とケーブルを接続する。筆者の例で行くと、STBとテレビの間に接続する作業だ。接続にはコンポーネントケーブルもしくはコンポジットケーブルを利用する。D端子やHDMI端子は搭載してないので、これらのケーブルを利用する場合は変換ケーブルを用意する必要がある。

 続いてACアダプタをつないで本体の電源を入れる。機器本体は平たく、また横に長いため、一般的にはHDDレコーダーなどの上に設置することになるだろう。無線LANで通信をする関係上、電波が妨げられる置き方にならないよう留意したい。

 次にPC側で専用ソフトをダウンロードし、セットアップする。スマートフォンのアプリでも同様の作業ができるが、スマートフォンのアプリが有料であるのに対してPC向けのソフトは無料なので、まずはPCで視聴環境を構築したほうがいいだろう。

 セットアップの内容は、無線LANの設定、端子の選択、本体名称、パスワードなどだ。この時点ではまだ無線LANの設定を終えていないので、LANケーブルで有線接続した状態で設定する。なおここでいう「本体名称」というのは家庭内LAN上での識別名ではなく、WAN側で自分のVULKANO FLOWを識別するための名称なので、ほかのユーザーとは異なるユニークな名称を付ける必要がある。

  • パスワードを設定する。スマートフォンからの視聴の際に用いられる

  • 無線LANを設定する。無線LANはIEEE802.11nに対応

  • 端子を選択する。右側にテレビ画面が表示されていれば、正常に受信できていることになる

 セットアップが完了したらビューアを起動する。セットアップの過程で映像信号が正しく送られているか確認できるプロセスがあるので、起動すれば問題なく視聴できるはずだ。またスマートフォンについても、有料のアプリ(iPhone用が1500円、Android用が12.99ドル)を購入することで、同様に視聴できる。

  • PC用のビューアソフトを起動したところ。「Watch TV」をクリックすると映像のバッファが始まる

  • 視聴しているところ。バッファされてから表示されるため、実際のテレビに比べると数秒~数十秒遅れての配信となる。タイムシフト視聴にも対応する

 手順は以上だが、LAN上で配信される映像は非常にクリアで、特にスマートフォンの画面で見ると、ワンセグとの画質の違いは一目瞭然だ。本製品でテレビを観ることに慣れてしまうと、頻繁にブロックノイズが発生するワンセグでのテレビ視聴がおっくうになるほどだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]