ノキア、Symbian関連事業の移管でアクセンチュアと最終合意

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年06月23日 08時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィンランド携帯端末メーカーNokiaは、「Symbian」の開発をグローバルコンサルティング企業Accentureに外部委託する契約に最終合意した。

 Nokiaは2011年2月に、同社の取り組みの中心をMicrosoftのプラットフォーム「Windows Phone」に移行することを発表したのに続いて、今回の両社間の契約は4月に最初に発表された。Accentureは2016年まで、Nokiaに代わってSymbianのソフトウェア開発とサポートを請け負う。

 この契約に基づき、Nokiaは米国、フィンランド、英国などの国における約2800人の従業員を、10月の契約締結時にアウトソーシング企業Accentureに移管する。

 両社は現地時間6月22日、Accentureはこれに加えて、「Windows Phoneへの移行におけるNokiaの優先サプライヤー」となって他の分野においても同社を支援する予定であると述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加