「ニフティクラウド」にファイアウォールなど新機能--ロードバランサも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニフティは6月16日、IaaS「ニフティクラウド」にファイアウォールやSSL証明書発行・管理、ロードバランサの新機能の提供を開始した。ユーザーからの要望に対応、セキュリティ強化とモバイル向けサービス構築の利便性を向上するとしている。

 ファイアウォールでは、ニフティクラウドのコントロールパネルから複数のサーバに一括でフィルタを設定できる。OS設定の定義ミスなどによるセキュリティ事故を抑止できるという。APIにも対応しているため、プログラムによる処理の自動化にも対応する。SSL証明書の発行や更新などの管理も、コントロールパネルやAPIから行えるようになった。

 ロードバランサでは、同一セッション中に同じサーバにリクエストを割り当て続ける「セッション固定」、携帯キャリアのみからのアクセスを受け付けるフィルタ機能「携帯キャリアフィルタ」、ロードバランサ配下のサーバがリクエストの応答を返せない場合に、サーバに代わってロードバランサが代理コンテンツを返す機能「Sorryページ」の3つの機能が追加された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加