富士通、位置情報を活用したサービス「SPATIOWL」提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は6月14日、各種センサや車両から収集した大量の位置情報を活用したクラウドサービス「SPATIOWL(スペーシオウル)」を、7月より順次提供開始すると発表した。

 SPATIOWLは、「基盤提供サービス」と「業務提供サービス」の2つのサービス群で構成される。

 基盤提供サービスは、車両を走行させることで収集される位置、時刻、速度といったプローブ情報や、さまざまなセンサから収集される大量の位置情報を使って、データをリアルタイムに分析したり、外部情報と連携させる機能群をクラウドコンピューティングで提供するもの。機能としては、ユーザー認証機能、端末管理機能、複数空間管理機能、位置情報管理機能、データ分析機能、外部連携機能、経路探索機能、渋滞予測機能などが用意されており、ユーザーはこれらを利用して独自のサービスを構築できる。

 一方の業務提供サービスは、「交通情報データサービス」「道路状況分析サービス」「移動情報サービス」「商用車テレマティクスサービス」「音声処理サービス」「充電器管理サービス」から構成され、すぐに利用できる形で提供される。

 富士通では、クラウドサービスとしてこれらを提供することで、本来相当の時間とコストが掛かる大量データのリアルタイムでの蓄積、処理システムを安価に迅速に利用できる点が特長としている。

 7月より提供が開始される各サービスの価格は、基盤提供サービスが導入費用65万円、月額費用が52万円より。業務提供サービスは交通情報データサービスが導入費用50万円、月額費用が東京地区の場合50万円より。音声処理サービスが導入費用50万円、月額費用が45万円より。商用車テレマティクスサービスが個別見積もり。その他のサービスについても順次提供を行う予定。同社では2013年度末までに累計400システムの導入を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加