logo

アップル、「MacDefender」の新亜種に早速対応

Elinor Mills (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年06月03日 10時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが「Mac OS X Snow Leopard」向けのシステムアップデートを提供し、最新の「MacDefender」マルウェアに対する保護を強化した。同社は米国時間5月31日にMac OS X向けのセキュリティアップデートを提供したばかりだったが、これを回避するための新種のMacDefenderが出現した。

 イタリアのウェブサイトSPIDER-MACによると、新亜種の「OSX.MacDefender.C」を検出するアップデートは自動アップデートとして配信され、マルウェアを検出するシグネチャが記載された「XProtect.plist」ファイルを更新する。

 今後もマルウェアの新亜種が出現すると思われるが、Appleはこれに強力に対抗する姿勢を見せている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集