PSN、段階的に再開--4タイトルを無料提供「感謝とおわびのパッケージ」

藤井涼 (編集部)2011年05月27日 18時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーとソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は5月27日、日本、台湾、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイにおける「PlayStation Network(PSN)」と「Qriocity」のサービスを、5月28日から段階的に再開すると発表した。また、PSNとQriocityに登録されている個人情報の保護をサポートするプログラムをあわせて国内で導入する。復旧に伴い5月28日から再開されるサービスは以下の通り。

  • PSNとQriocityサービスのサインイン、パスワード変更
  • 「PlayStation 3(PS3)」と「プレイステーション・ポータブル(PSP)」におけるオンライン対戦
  • フレンドリストやチャットなど「フレンド」カテゴリ内の機能
  • PlayStation Home
  • torne(トルネ)など各種サービスにおけるネットワーク機能

 PSNのビデオ配信サービスで購入済みのレンタル映像コンテンツについては、PSNのサービスが4月21日から停止しているため、現時点ではすべて有効期限が切れておりダウンロードできないという。サービス停止に伴い、レンタル購入後に正しく視聴ができなかったユーザーについては、SCEの顧客対応窓口まで問い合わせるよう求めている。

 また、サービス障害が発生した4月21日以前にPSNに登録していたユーザーには、サービス全面再開後にPS3とPSPのゲームを各2タイトル(計4タイトル)無償提供する「感謝とおわびのパッケージ」を提供するとしている。

 PS3は「The Last Guy」「おいでよロコロコ!! BuuBuu Cocoreccho」「無限回廊 -序曲-」「WipEout HD」「ハスラーキング」の5タイトルから2タイトル。PSPは、「勇者のくせになまいきだor2 PSP the Best」「みんなのスッキリ」「パタポン 2 ドンチャカ♪ PSP the Best」「リトルビッグプラネット ポータブル」「LocoRoco -Midnight Carnival-」の5タイトルから2タイトル選択できる。

 ソニーとSCEでは、外部の調査機関を含んだチームによる調査の結果、5月27日時点でのPSNへの不正侵入によるクレジットカード情報の流出や不正利用は確認されていないと説明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加