PayPal、グーグルを企業秘密の不正使用で提訴--モバイル決済に関連して

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年05月27日 12時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PayPalは米国時間5月26日、モバイル決済事業に関する同社の企業秘密をGoogleが不正に使用したとして、Googleをカリフォルニア州サンタクララ郡上位裁判所に提訴した。PayPalは訴状(PDFファイル)の中で、モバイル決済プラットフォームを担当していたPayPalの元上級幹部Osama Bedier氏が2011年にGoogleに転職した後、PayPalの企業秘密をGoogleと大手小売業者に明かしたと主張している。

 また、同じく元PayPal幹部で、現在はGoogleの電子商取引担当バイスプレジデントを務めるStephanie Tilenius氏が、契約義務に違反してBedier氏を引き抜いたとされている。

 今回の訴訟は、「Google Wallet」と「Google Offers」の発表と同じ日に行われた。Tilenius氏はこの発表会において中心的な役割を担っていた。ほかにも50人の特定されていない個人が被告として挙げられており、賠償と懲罰的損害賠償金に加えて特許使用料などを求めている。金額などは明らかにされていない。

 Googleの関係者にコメントを求めたが、すぐには回答を得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加