ソニー、マーカーなしでも見られる「SmartAR」を開発--衣類やイスへも展開可能に

加納恵 (編集部)2011年05月19日 20時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ソニーは5月19日、新たなAR(拡張現実)技術「SmartAR(スマートAR)」を開発したと発表した。2次元バーコードなどのマーカーがなくても情報や仮想的な物体を付加情報として表示させられる「マーカーレス方式」を採用したことが特徴で、カメラの動きに追従する高速追従性、空間の3D構造を認識し、仮想空間の物体と融合させられる、3D空間認識などの特性を持つ。

 写真は発表会が開催された会場図に、SmartAR技術を用いて付加情報を表示させたところ。

 ソニーは5月19日、新たなAR(拡張現実)技術「SmartAR(スマートAR)」を開発したと発表した。2次元バーコードなどのマーカーがなくても情報や仮想的な物体を付加情報として表示させられる「マーカーレス方式」を採用したことが特徴で、カメラの動きに追従する高速追従性、空間の3D構造を認識し、仮想空間の物体と融合させられる、3D空間認識などの特性を持つ。

 写真は発表会が開催された会場図に、SmartAR技術を用いて付加情報を表示させたところ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加