logo

グーグルに対する批判キャンペーン、依頼主はFacebook--請負PR会社が明らかに - (page 2)

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 福岡洋一 湯本牧子2011年05月13日 12時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookの主張

 だが、Facebookも黙って引き下がるつもりはない。同社は自らの行為を認めたうえで、GoogleのSocial Circleには問題があると主張して反撃に出た。

 Facebookの広報担当者は米CNETに電子メールで声明を寄せ、次のように述べた。「皆さんや読者の方々は、Googleアカウントを持っていればここをクリックしてソーシャル機能に関するページを参照し、自分が情報の収集や使用を承認したかどうかを判断できる。もちろん、Gmailのアカウントを持っていないユーザーも収集対象に含まれているが、こうしたユーザーはこの機能について調べることもコントロールすることもできない」

 Facebookは、自らの行為について謝罪しなかったが、もっと別の対処の仕方をすればよかったと考えていることを認めた。

 「『中傷』キャンペーンを是認あるいは意図していたわけではない」と、Facebookの広報担当者は米CNETに対して述べた。「そうではなく、Facebookなどのサービスにおける個別のアカウントから得られる情報の収集や使用について、これをGoogleのSocial Circleで利用するのをユーザーが承認していないことを、第三者に検証してほしかったのだ。同様に、Facebookがこうした目的での情報の収集や使用を認めたことはない」

 「われわれはBurson-Marstellerに対し、メディア組織またはアナリストなどの第三者が検証できる一般に公開された情報を使って、この問題に注目を集めるよう依頼した。この問題は重要で、われわれは本格的かつ透明性のある方法でこのことを提示すべきだった」と、Facebookの広報担当者は述べた。

 Facebookの主張についてGoogleにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

 オンライン業界大手である両社の対立は長期化を避けられそうにない。Googleは、Gmailを通じて独自のソーシャルネットワーク「Google Buzz」を運営している。このサービスが巨大なFacebookに追いつくことはなさそうだが、それでも競争相手であることに変わりはない。さらに、FacebookはGoogleにとって、オンライン広告市場におけるますます大きな脅威となりつつある。Facebookのアクティブユーザーが6億人以上いることを考えると、同社の広告機会やターゲティングの可能性が巨大であることは広告主の目にも明らかだ。

 2011年に入って調査会社eMarketerが、Facebookの2010年における広告売り上げは18億6000万ドルだったと報告した。2011年にはこの数字が40億ドル以上に急増し、さらに2012年には57億ドルにまで達する、とeMarketerは予想している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]