logo

ソニー、シャープとの合弁会社への出資引き上げを留保

加納恵 (編集部)2011年04月27日 15時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープとソニーは4月27日、液晶パネル、モジュールの製造と販売を手がける合弁会社「シャープディスプレイプロダクト」(SDP)に関し、合弁契約を修正する覚書を締結したと発表した。

 SDPは、2009年7月に合弁契約を締結し、同年12月29日に実施した第三者割り当て増資でソニーから100億円(出資比率7.04%)の出資を受け、同日付でシャープとソニーの合弁会社となった。

 当初は2011年4月末までに、ソニーが最大で34%まで段階的に出資することが合意されていたが、現時点でソニーは追加出資をしておらず、出資比率は7.04%に留まっている。

 今後ソニーは、SDPへの出資に関して2012年3月末まで引き続き協議していくとのことだ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集