「レッツノート」全機種第2世代Coreプロセッサ搭載へ--世界最長16.5時間駆動機も

エースラッシュ2011年04月22日 20時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは4月22日、第2世代 Core プロセッサを搭載した個人向けノートPC「レッツノート」の2011年夏モデルを発表した。5月27日より順次発売する。

 発売されるのは、15.6型ワイド液晶を備えた「CF-B10」、12.1型ワイド液晶を備えた「CF-S10」「CF-N10」「CF-C1(受注生産)」、10.1型ワイド液晶を備えた「CF-J10S(ハイパフォーマンスモデル)」「CF-J10R(スタンダードモデル)」になる。

  • 「レッツノート」2011年夏モデル

 S10/N10シリーズは高容量バッテリセルを採用し、前モデルより約1時間長い約16.5時間駆動を実現している。S10/N10/J10にはUSB3.0ポートを1ポート搭載。USB2.0に比べ約10倍(規格値)の高速転送が可能になるとのことだ。

 HDD容量は、S10/N10/B10が640Gバイト、C1が320Gバイト、J10Rが250Gバイト。J10SのみSSDの128Gバイトを搭載。全機種無線LANを搭載したほか、B10をのぞく機種でWiMAXに対応する。B10/S10のみスーパーマルチドライブを内蔵する。

 レッツノートならではの堅牢性も備え、「76cm動作落下試験」「30cm落下試験」(B10は非対応、J10はジャケット装着時)を実施。B10、J10以外のモデルでは、キーボード下部に敷き詰められた「防水シート」が内部への水の浸入を防ぎ、パソコン底面への水抜き穴へ誘導する「ウォータースルー構造」を採用している。

B10シリーズ

  • CF-B10CWADR(店頭想定価格:17万5000円前後)
  • CF-B10CWHDR/Officeモデル(店頭想定価格:20万円前後)

S10シリーズ

  • CF-S10CYADR(店頭想定価格:20万円前後)
  • CF-S10CYPDR/Officeモデル(店頭想定価格:22万5000円前後)
  • CF-S10CYBDR/ブラックモデル(店頭想定価格:20万円前後)

N10シリーズ

  • CF-N10CYADR(店頭想定価格:19万円前後)

C1シリーズ

  • CF-C1BEAADR(店頭想定価格:20万円前後)

J10シリーズ

  • CF-J10RYAHR(店頭想定価格:12万円前後)
  • CF-J10RYPHR/Officeモデル(店頭想定価格:14万円前後)
  • CF-J10SYBHR(店頭想定価格:18万円前後)
  • CF-J10SYNHR/Officeモデル(店頭想定価格:20万5000円前後)
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加