logo

「iOS 4」、位置情報の詳細な履歴を保存--米研究者が報告

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年04月21日 11時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エクセター大学で天文学を専門とするシニアリサーチフェローAlasdair Allan氏とライターのPete Warden氏は米国時間4月20日、O'Reilly radarの記事で、「iOS 4」を搭載する「iPhone」と3G対応版「iPad」、そしてコンピュータ上のバックアップに、それらのモバイル機器の所在地を示す、緯度、経度、タイムスタンプを含んだ詳細な位置情報が保存されている証拠を見つけたと述べている。この情報は暗号化も保護もされていないという。

 この情報は「consolidated.db」というファイルに保存されているという。両氏は、2010年に「iOS 4」がリリースされたころからこの情報の収集が始まっていると主張している。

 Appleは現在、iPhoneや3G対応版iPadを他のデバイスから追跡できる「iPhoneを探す」という無料アプリを提供している。しかし、Allan氏とWarden氏が主張しているものは、ユーザーが追跡されていることを知らず、この情報を追跡している理由も明らかでないという点で事情が異なっている。「これまでも携帯電話事業者はこのデータを保管していたが、裁判所の命令がなければアクセスすることができなかった」と同記事には書かれている。

 Allan氏とWarden氏がリリースしたオープンソースアプリケーション「iPhone Tracker」を使うと、デバイスに保存されているすべての位置情報を地図上に表示することができる。

 米CNETはAppleにコメントを求めたが、すぐには回答を得られなかった。

iPhoneからの位置情報を示した地図 iPhoneからの位置情報を示した地図
提供:O'Reilly Radar

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集