[ウェブサービスレビュー]見栄えのいいフロー図を簡単に作図できる「Cacoo」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヌーラボ
内容:「Cacoo」は、フロー図やワイヤフレームをオンラインで作成できるサービスだ。さまざまな図形やコネクタがあらかじめ用意されており、ドラッグ&ドロップにより誰でも簡単に見栄えのいい図を作成できる。

 「Cacoo」は、フローチャートや機器構成図、ワイヤフレームやUMLをオンラインで簡単に作成できるサービスだ。目的ごとにさまざまな図形やコネクタが用意されており、ドラッグ&ドロップで見栄えのいい図を作成し、画像データとしてエクスポートしてビジネス文書に貼り付けて使うことができる。

 ビジネス文書、なかでもプレゼンテーション資料などに不可欠なチャート図などを作成するのに最も簡単な方法は、ExcelやPowerPointなどのオートシェイプを使うことだ。しかし登録されているのは基本的な図形だけで、ちょっと凝った図を作ろうとすると不自由さを感じることも多い。Visioのような専用ソフトであれば多数のテンプレートやアイコンも用意されているが、ソフト自体が高額で、おいそれと買えるものではない。

 本サービスは目的ごとに多数の図形やアイコン、コネクタ類(本サービスではステンシルと総称されている)が用意されており、ドラッグ&ドロップで配置することにより、ブラウザ上でさまざまな作図を簡単に行うことができる。作成できる図はフローチャートはもちろんのこと、オフィスの機器構成図、オフィスのレイアウトの見取り図、マインドマップ、ウェブサイトのワイヤフレーム、サイトマップ、ソフトウェアのフロー図、UMLなど実に多彩だ。

  • トップページ。新規アカウントを作ってログインする。TwitterやFacebook、Googleアカウントを利用することも可能。複数メンバーによるコラボ機能も備える

  • ログイン後の画面。「新規作成」を選択する

 なかでも、ExcelやPowerPointにはない機器のアイコンや、ワイヤフレームのパーツ類が含まれているのは大きな魅力だ。ExcelやPowerPointでもクリップアート機能を組み合わせることである程度のクオリティまでは仕上げることは可能だが、探すのが一苦労だったり、アイコンが見つかってもタッチがバラバラで見栄えが悪いという問題があった。本サービスであればおおむね統一されたタッチに基づいて目的別のアイコンが探しやすくまとまっているので、誰でも手軽に見栄えのよい作図が行えるというわけだ。

  • 白紙のシートが表示された状態

  • 右側のパレットから、目的に合ったステンシルをドラッグして配置する。これはオフィスのネットワーク機器構成図を作っているところ

  • ドラッグするたびに点線が表示されるので図形の位置合わせが容易。コネクタでの連結やテキストの記入、画像の挿入なども可能

 無料版では作成できる図の数は25個まで、書き出しはPNG画像のみという制限があり、さらに多くの枚数を作成したい場合やベクタデータで書き出すには有料版の契約が必要になる。とはいえ無料版によるビットマップ書き出しでもかなりのクオリティなので、まずは無料版を試してみて、気に入ったら有料版を契約するようにすればいいだろう。オフィス文書と組み合わせることでクオリティアップに大いに役立つので、ビジネス用途に効果的に活用したいところだ。

  • 無料版では最大25点まで保存できる

  • 無料版ではPNG形式の書き出しにのみ対応。ベクタデータでの書き出しは有料版の機能となる

  • 実際に書き出したネットワーク機器構成図のPNGデータ。無料版でもクオリティは高い

  • 以下ステンシルの例。これは基本的な図形。矢印や吹き出しも用意されている。Officeソフトのオートシェイプでもおなじみ

  • 人物アイコン。キャラクターの表情なども用意される

  • サンプルでも使用しているオフィス機器。ネットワーク機器も別タブで用意される

  • オフィスレイアウトを作図するのに便利なデスクやチェアのイラストもある

  • ウェブサイトのワイヤフレームを作成するためのパーツ。手書きの雰囲気を出すためのパーツも用意される

  • フローチャートやUMLを作成するための図形類。色や線の太さは自在に調整できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加