グーグル、ITAの買収完了を発表--FairSearch.orgは米司法省の承認案を歓迎

Caroline McCarthy (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年04月14日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間4月12日、ITA Softwareの買収に関する米司法省との合意を発表した4月8日付けのブログ記事を更新し、「当社によるITAの買収が完了した」と述べた。

 Googleは、4月8日に「われわれは、ITAの顧客が契約を2016年まで延長できるようにすることを正式に約束した。また、現在の顧客と新規顧客の両方に、ITAの『QPX』ソフトウェアを『適正かつ公平な条件』で、2016年までライセンス提供することに合意した」と発表している。

 ITAの独立を維持しようとしていた企業連合FairSearch.orgは、Googleと司法省との合意に満足しているようだ。同グループは声明で、「司法省は、ITAの主要なフライト検索テクノロジをGoogleが制限無しに管理することは、独占禁止法に違反すると結論した。司法省は、強力で継続的な監視および施行手段を整えることで、消費者が引き続き、旅行検索における活気に満ちた競争と革新から利益を得られることを保証した」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加