[ウェブサービスレビュー]豊富な機能のオンラインストレージ「quanp」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リコー
内容:「quanp(クオンプ)」は、ファイル送信など多彩な機能を備えたオンラインストレージサービスだ。さまざまなプラットフォームに対応したインターフェースを持ち、自宅や職場、外出先を問わずクラウド経由でのファイルの送受信が手軽に行える。

 「quanp(クオンプ)」は、ファイル送信などさまざまな機能を備えたオンラインストレージサービスだ。サービスそのものは最大100Gバイトの有料コースが主だが、1Gバイトまで無料のトライアルコースも提供している。ブラウザ以外にも専用ソフトなど多彩なインターフェースを備えており、クラウド上へのアップロードやダウンロード、ファイル送信といった操作が手軽に行えるのが特徴だ。

  • 「quanp」のトップページ

  • ブラウザから利用する「quanp.net」にログインしたところ。アップロード済みのファイルが表示されている

 クラウド上にアップロードしたファイルは「プレイス」と呼ばれるフォルダで分類できる。プライベートや仕事用、あるいはプロジェクト単位でプレイスを作って分類するイメージだ。それぞれのファイルにはタグやコメントをつけられるので、利用頻度の高いファイルをすばやく呼び出したり、ほかのメンバーと共有する際に分かりやすく分類できる。

  • サムネイルのサイズを変更できるので、クラウドに置いたままある程度の内容が判別できる。並び替えなども対応

  • ファイルのアップロード画面。説明のほか、タグをつけることもできる。ちなみにダウンロード時はZIP圧縮される

 オンラインストレージ機能だけでなく、アップロード済みのファイルを任意の相手に送ることもできる。対象のファイルにチェックを入れて「ファイル送信」のボタンを押すと、URL送信のための画面が表示されるので、相手のメールアドレス、件名、メッセージを入力して送信すればOKだ。受け取った相手はURLをクリックしてページを開きファイルをダウンロードする。保存期間は7日、1ファイルあたり5回までダウンロード可能だ。パスワード指定などの機能は用意されていない。

  • ファイルを選択して任意の相手にURLを送ることができる

  • 相手から届いたメール。URLをクリックしてダウンロード画面に移動する。メールの差出人はquanpとなる

  • 任意のフォルダ内のファイルを自動アップロードする設定も可能

 以上はウェブブラウザから操作した場合の概要だが、このほかにもさまざまなインターフェースが用意されており、利用形態に応じて使い分けられる。Windows用ユーティリティのほか、携帯電話向けのインターフェースやiPhoneアプリも用意されている。クラウド上に保管してあるファイルを、携帯電話やiPhoneから送ることができるのは便利だ。

  • iPhoneアプリからもファイルの閲覧、アップロード、送信などが可能

  • iPhoneアプリからファイルを送信しようとしているところ。外出先からクラウド上のファイルをリモートで送れる

 また、ドラッグ&ドロップでアップロードできるウィジェットや、Officeから直接ファイルをやりとりできるアドオンも提供されており、インターフェースの豊富さは同等サービスの追従を許さない。

 全体的に、3D表示やアニメーション効果といったビジュアル面に注力されており、素っ気ないデザインの多い競合サービスと比べた際の1つの特徴となっている。もっとも動作速度が優先でサクサク使いたいユーザーにとっては、やや好き嫌いが出る部分とも言えそうだ。また前述のアプリやウィジェットはそれぞれ異なる名前がつけられており、慣れるまではどれがどれを指すのか、またどれが自分の目的に沿っているのかが、直感的に分かりづらいという問題もある。

 ともあれ、そっけないデザインが多いオンラインストレージサービスやファイル転送サービスの中で、しっかり作り込まれたインターフェースは目を引く。容量1Gバイトまでの無料版はトライアルコースという位置づけだが、派手に広告が表示されるといったこともないので、気軽に試してみるといいだろう。

  • Windows専用ソフト「quanp.on」で、クラウド上のファイルを表示したところ。3Dによる表示が可能

  • サービスそのものは最大100Gバイトの有料コースが主だが、1Gバイトまでのトライアルコースは無料で利用できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加