パラレルス、「SNI」サポートのコントロールパネル--IPv4枯渇に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Parallelsは4月5日、IPv6アドレスとIPv4アドレスを節約する「Server Name Indication(SNI)」に業界で初めてサポートしたというコントロールパネル「Parallels Plesk Panel 10.2」を発表した。SNIは、クライアント側からサーバ側にホスト名を伝えるTLSの拡張規定。

 Plesk Panel 10.2は、単一のIPアドレス上で複数のSSL証明書の利用を可能にするため、サービスプロバイダーはIPv4アドレス枯渇に適切に対応できるという。LinuxとWindowsでIPv6を完全にサポートしており、新規契約をIPv4またはIPv6で、あるいはIPv4とIPv6に同時対応できるデュアルスタックとして運用できるとしている。

 また「VPS最適化バージョン」によって仮想専用サーバ(VPS)プロバイダーは、仮想サーバに必要な機能のみを有効化することで仮想サーバ1台あたりの使用リソース量を半減することが可能という。ドイツで開催されたホスティング事業者向けのイベント「WorldHostingDays」で発表された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加