シャープ、1秒起動の高速動作「AQUOSブルーレイ」--ダビング、再生もスピードアップ

加納恵 (編集部)2011年04月08日 16時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは4月8日、起動、ダビング、再生を高速化した、新「AQUOSブルーレイ BD-HDW80/HDW75/HDW73」の3機種を発表した。約1秒で起動する「高速一発起動」や「高速トランスコードダビング」機能を備える。発売は4月27日。

  • 「AQUOSブルーレイ BD-HDW80/HDW75/HDW73」

 内蔵HDD容量は、HDW80が1テラバイト、HDW75が500Gバイト、HDW73が320Gバイト。全機種ともに、地上、BS、110度CSデジタルチューナを2基、地上アナログチューナを1基搭載し、2番組同時長時間録画を実現。スカパー!HD録画と組み合わせれば3番組同時に録画ができる。

 ブルーレイ3DとBDXL対応したBlu-ray Discレコーダー部は、「高速BDドライブメカ」を採用し、市販のBlu-ray Discソフトであれば、従来機に比べ、読み込み時間を最速で約半分に短縮。番組表や録画リストなどが約1秒で起動する「クイック起動」モードと合わせ、ストレスのない操作感を提供するとしている。

 HDDからBlu-ray Discへのダビングは、DRモードで録画した番組を、長時間モード画質に変換してダビングする高速トランスコードダビングを搭載。これにより、Blu-ray Discに約半分の時間でダビングができる。

 本体には「無線LANユニット」を内蔵し、「アクトビラ ビデオ・フル」や「ホームネットワーク機能」といったワイヤレスサービスの使用が可能。さらに、内蔵HDDに録画した番組をホームネットワーク経由で視聴できるモバイル端末の発売も予定しているとのことだ。

 録画したいキーワードを登録しておけば、キーワードに則した番組を自動的に録画する「キーワード自動録画」、番組連動データ、サラウンド音声もそのまま記録できる「高画質純録り」などは、現行機に引き続き採用。約3時間操作しないと自動的に電源をオフにする「無操作電源オフ」、待機時消費電力を0.2Wに抑える「エコモード」など、省エネ性能も高い。

  • BD-HDW80(HDD:1テラバイト、店頭想定価格:11万円前後)
  • BD-HDW75(HDD:500Gバイト、店頭想定価格:9万円前後)
  • BD-HDW73(HDD:320Gバイト、店頭想定価格:8万円前後)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加