logo

インテル、32nmのサーバ用プロセッサ「Xeon E7」を発表--エントリー向けの「Xeon E3」も

Jack Clark (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉2011年04月06日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間4月5日、ハイエンドサーバ向けの32ナノメートル「Xeon E7」プロセッサファミリと、エントリーレベルの「Xeon E3」ファミリを発表した。

 Intelが同日発表した18種類のプロセッサは、「Westmere-EX」という開発コード名で呼ばれていたもので、「Nehalem-EX」(開発コード名)プロセッサ群の後継となる。同社はまた、新しい「Xeon E3-1200」ファミリとして11種類のエントリーレベルサーバ向けプロセッサを発表したが、詳細はほとんど明らかにしなかった。

 Intelによると、Xeon E7プロセッサは、大企業のデータセンターで主要なCPU集約型アプリケーションを実行するサーバや、大規模構成の仮想マシンを管理するサーバ向けの製品だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集