logo

デベロッパー版「Android Market」に新音楽アプリ--うわさの「Google Music」か

Greg Sandoval (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年04月06日 10時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ある技術レビューサイトが新しい「Android Music 3.0」と思われるソフトウェアを入手したことを受けて、米国時間4月5日現在、同ソフトウェアがウェブ上に出回った。

流出したアプリケーションのスクリーンショット。ストリーミングやキャッシュ機能がある。 流出したアプリケーションのスクリーンショット。ストリーミングやキャッシュ機能がある。
提供:Screen shot Sarah Tew

 Techfrom10.comが投稿したメモによると、デベロッパー版「Android Market」を入手したところ、音楽アプリケーションがその中に含まれていたという。Techfrom10.comは、本稿執筆時点でダウンしていたが、他のサイトも同ソフトウェアをダウンロードしたらしく、同アプリケーションを配信した。

 Googleは、この数カ月間において、ストリーミング音楽サービスを開始すると見られている。音楽業界の情報筋によると、Googleは、ユーザーが音楽ライブラリを同社サーバにアップロードし、ウェブ接続されたデバイスから楽曲へアクセスすることを可能にしたいと考えているという。今回の流出したソフトウェアは、長い間待たれている同サービスのテスト版ではないかと少なくとも思われる。

 Google関係者らに取材を申し込んだが、直ちに回答を得ることはできなかった。そのため、「Google Music」が正式に登場した際にどのようになるかが流出したアプリケーションから分かる、と明言するのは難しい。米CNETは2週間前に、Googleが同社の音楽サービスの社内テストを開始したと報じた。

 米CNETも、問題のアプリケーションのコピーを入手することができた。Android Musicのこれまでのバージョンに非常によく似ている。しかし、最も興味深い相違点は、設定項目にある。

 そこには、「Stream music via Wi-Fi(Wi-Fiを介して音楽をストリーム)」や「Download via Wi-Fi only(Wi-Fiのみを介してダウンロード)」といった音楽ストリーミングに関連するオプションがある。また、「Cache music(音楽をキャッシュ)」というオプションもあり、「ストリーミングした音楽を一時的に保存」という説明が記されている。

 これは、インターネット接続が切断された場合に、一時的に音楽を保存することのできる機能であると思われる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集