logo

「Internet Explorer 9」を詳細レビュー(前編)--競争力は取り戻せたのか - (page 4)

Seth Rosenblatt (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2011年03月24日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

機能とサポート

 Internet Explorer 9には新しい機能や、再設計された従来の機能が詰め込まれており、この面ではあらゆる点で強い印象を与えている。

 Microsoftが実装した興味深いコンセプトの1つは、ブラウザをOS化するという最近のトレンドに逆行するものだ。Internet Explorerは、Windows 7にある程度統合されるようになっている。IE9では、Windows 7のデスクトップのタスクバーに特定のサイトを固定表示させておけるようになった。これには、タブをタスクバー上にドラッグ&ドロップすればよい。そのサイトのファビコンが、タスクバー上のアイコンになる。

開発者が固定表示されたサイトに関するオプションをうまく利用すれば、Windows 7のジャンプリストをカスタマイズしたり、ウェブメールの未読数や、音声や動画をストリーミングするサイトでプレーヤーの操作ボタンを表示させるといった特別な機能を追加することができる。 開発者が固定表示されたサイトに関するオプションをうまく利用すれば、Windows 7のジャンプリストをカスタマイズしたり、ウェブメールの未読数や、音声や動画をストリーミングするサイトでプレーヤーの操作ボタンを表示させるといった特別な機能を追加することができる。
提供:Screenshot by Seth Rosenblatt/CNET

 サイトをタスクバー上に固定表示した場合、デフォルトでは、ガラス風になっているIE9のAeroインターフェースの色が、そのサイトのファビコンの色に応じて変わるようになっている。これは小さいことだが、気の利いた工夫だ。きちんとコーディングすれば、タスクバー上に固定表示されたアイコンを右クリックした際に、そこに表示されるジャンプリストのリンクをカスタマイズしたり、Pandoraなどのストリーミングメディアサイトの再生操作ボタンを統合したり、ウェブメールアカウントの未読メール数を表示させたりすることもできる。サイトの開発者は、Microsoftのサイトの固定表示に関するAPIを、機能の実装に利用することができる。

 Internet Explorerには、IE8の頃からタブごとにサンドボックスが設けられていたが、IE9ではさらにこの機能が改善されている。タブのサンドボックスによって、個別のタブがクラッシュした場合でも、ブラウザ全体が落ちてしまうことを防げるようになった。IE9では、Chromeのように「タブをはがす」こともできるので、特定のタブをドラッグして、新しいブラウザウィンドウを作成することができる。しかも、Windows 7から導入されたAeroのスナップ機能ともうまく統合されているため、ドラッグしたタブをそのまま画面の左右に寄せて表示させることもできる。これは、2つのサイトを同時に見ようとしているときには便利な機能だ。タブのサンドボックスは、あるタブのクラッシュがブラウザ全体に影響を及ぼさないようにしてくれるだけでなく、クラッシュした後、IE9はそのタブを復活させるかどうかを尋ねてくる。

後編は3月31日に公開予定。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]