logo

「Internet Explorer 9」を詳細レビュー(前編)--競争力は取り戻せたのか - (page 2)

Seth Rosenblatt (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2011年03月24日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IE9のインストール手順の最大の問題は、Windows XPでは動かないということだ。Windows XPはWindows 7がリリースされた今でも、世界のコンピュータ市場の40%を占めている。Windows XP版のIE9は存在せず、今後も出る予定はない。

 Microsoftの公式な説明では、Windows VistaとWindows 7でデバイスドライバの処理が変更されたことが原因だとしている。

 Microsoftは明らかにこの点で、古いものを切り捨てていくことを利点に変えているAppleの例に倣おうとしている。しかしこれは、古いハードウェアやソフトウェアがサポートされることに慣れているMicrosoftユーザーにとっては、大きなリスクだ。われわれはWindows 7を気に入っているし、Windowsマシンの多くがWindows 7になれば嬉しいと思うが、ハードウェアによる高速化に関する強攻策については納得できない。特に、ライバルがWindows XPでもハードウェアアクセラレーションを提供している状況ではなおさらだ。

 インストールが終わると、マシンの再起動か、開いているすべてのプログラムの終了が必要になる。これは、Internet ExplorerがWindows 7やVistaとやりとりする仕組みが(おそらくより良い方向に)変更されるためであろうが、煩わしいことは確かだ。

インターフェース

 IE9のインターフェースは大きく変わり、レイアウトを最小化して画面の面積を最大化するというトレンドに従った。興味深いことに、ライバルがロケーションバーの上にタブを配置する中、Microsoftはこれとは異なるアプローチを取っている。IE9は、デフォルトの状態では、タブがロケーションバーと同じ列に表示される。この位置はコンテキストメニューから変更でき、[別の行にタブを表示]オプションを選択すると、タブはロケーションバーの下の列に表示される。これに対し、「Google Chrome」や「Firefox 4」「Opera」ではタブの下にロケーションバーが表示されるようになっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]