logo

Google Apps、更新導入時期を2つの方式から選択可能に

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉2011年03月16日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 技術ビジネスにおいて、早すぎでも遅すぎでもない、適切なタイミングで更新を実施することは難しい。その理由の1つは、顧客によって好む更新ペースが異なるからだ。こうした多様な好みにより適切に対応するため、Googleは今後、「Google Apps」を2つの方式で提供することになる。

 1つは「Rapid Release」で、新しい技術が品質保証テストに合格するとすぐ顧客に届けられる。もう1つの「Scheduled Release」では、更新が1週間ごとに行われ、少なくとも1週間前に次回の変更点を管理者に対して通知する、とGoogleは米国時間3月15日に発表した。

 この2通りのリリース方式は、Google Apps利用者が主に使用する「Gmail」「Contacts」「Google Calendar」「Google Docs」「Google Sites」に適用される。新機能は、Googleが新設したサイトWhat's New in Google Appsで公開される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集