アップル、Apple Corpsリンゴロゴの商標化を欧州で出願

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年03月15日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Inc.とThe Beatles関連のレコードレーベルApple Corpsが商標に関する争いで和解を発表して4年近くが経過したが、MacおよびiOSデバイスメーカーである方のAppleは、有名なGranny Smithロゴを欧州で自らのものとするため、European Trademarks Officeに書類を提出した。

 Patently Appleによって明らかになったこの出願では、広告、ゲーム、コンピュータハードウェアのような一般的な分野から、貴金属や建築構造のようなあまりはっきりしない分野までの14の国際的な商標分類までに及んでいる。

 2007年の和解に続いて、Appleは、Apple CorpsのGranny Smithロゴの使用権が断面図も含めて同社に移ったことを示す商標出願を米特許商標庁(USPTO)にしている。

Appleが提出したGranny Smithの商標に関する書類の一部 Appleが提出したGranny Smithの商標に関する書類の一部
提供:Patently Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加