「Android」、米国スマートフォン市場でシェア1位に--comScore調べ

Scott Webster (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年03月09日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 comScoreは米国時間3月7日、2011年1月までの3カ月間における米国スマートフォン市場の調査結果を発表した。それによると、「Android」のシェアは2010年10月までの3カ月間から7.7ポイント増加して31.2%となり、RIMとAppleのOSを抜いて第1位となったという。

 RIMのOSは5ポイント以上減少して30.4%となり、Androidをわずかに下回って第2位となった。Appleのシェアはわずかの増加をみせ、24.7%で第3位だった。第4位のMicrosoft(8.0%)と第5位のPalm(3.2%)のシェアはどちらも前期から減少した。

 スマートフォン全体の利用は2010年10月までの3カ月間に比べて8%増加した。comScoreの調査結果によると、米国で6500万台以上のスマートフォンが使用されているという。

 メーカー別では、サムスンが24.9%で米国市場第1位の地位を維持した。LGが20.8%で続き、Motorolaは16.5%で第3位となった。第4位はRIM(8.6%)、第5位はApple(7.0%)となっている。

Androidは米国モバイルOS市場で初めてトップとなった Androidは米国モバイルOS市場で初めてトップとなった。
提供:comScore

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加