東芝、新エンジン搭載の「レグザ Z2」を発表--2番組同時録画や超解像技術に対応

加納恵(編集部)2011年03月02日 21時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は3月2日、液晶テレビ「レグザ」に新エンジン「レグザエンジンCEVO(シーボ)」を搭載した「Z2」シリーズを追加した。2番組同時録画や超解像技術などに対応する。発売は3月25日。

  • 「レグザ Z2」シリーズ

 Z2シリーズは47V型、42V型、37V型の3機種を用意。いずれも地上デジタルチューナを3基、BS、110度CSデジタルチューナを2基搭載し、番組視聴中でも2つの裏番組を同時に録画できる「地デジ見ながらW録」に対応する。地上アナログチューナは非搭載で、3Dにも対応していない。

 バックライトは白色のLEDをサイドに配したエッジ式を採用。レグザエンジンCEVOでコントロールすることで、16分割のエリアコントロールを実現するとしている。

  • レグザエンジンCEVO

 また、超解像技術では「レゾリューションプラス6」を採用。従来1枚の画像の中で施していた超解像処理を複数のフレームを用いて処理することで、より高精度に元の映像を復元し、緻密な映像を映し出せるとしている。高速処理ができるレグザエンジンCEVOならではの高画質技術と言える。

  • 47V型で奥行き29mmのスリムデザイン。スタンドにはアルミダイキャストを使用している

 テレビ本体は47V型で最薄部29mmのスリムデザインを採用。HDDは内蔵していないが、外付けUSB HDDによる録画に対応しており、最大4台までの接続が可能だ。今回のモデルから同時録画中の2番組それぞれに自動でチャプターが付けられる「Wマジックチャプター」に対応する。

 スマートフォンやタブレットPCなどから操作ができる、「レグザAppsコネクト」にレグザモデルとして初めて対応したほか「REGZA Phone」と連携し、内蔵カメラで撮影した静止画をWi-Fiを介してZ2シリーズの画面で再生する機能、YouTube視聴などネット機能も拡充された。

 東芝では、Z2シリーズをレグザエンジンCEVO搭載の第1弾モデルとしており、今後第2弾、第3弾の商品化を予定しているという。

  • 47Z2(47V型 店頭想定価格:32万円前後)
  • 42Z2(42V型 店頭想定価格:25万円前後)
  • 37Z2(37V型 店頭想定価格:20万円前後)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加