アップルの特別イベントを直前予想--次世代iPadなどの新製品は登場するか - (page 3)

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:編集部2011年03月02日 14時10分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MobileMeの刷新

 「MobileMe」(以前の名称は「.Mac」)は、2008年中ごろの登場以来、AppleがiOS端末やコンピュータ向けに提供している有料のアドオンサービスである。しかし、最近では、顧客に対する製品購入後のデジタルライセンスとしての販売を優先し、同ツールのパッケージ版はAppleストアから姿を消していた。リモートのiOS端末の追跡サービスはまた、MobileMeの主なセールスポイントの1つとなっていたが、Appleが2010年11月にiOS 4.2をリリースした時点で現世代のiOSデバイスでは無料の機能となっている。

MobileMe 提供:Apple

 これが製品としてMobileMeにどう関係してくるのだろうか?Appleは依然として同サービスを電子メール、カレンダー、ウェブサイト、メディアのホストのほか、ストレージ、同期サービスとして位置づけている。しかし、Cult of Macの最近の報道によると、Appleはこのほかに、ビデオのライブストリーミングツールなどの機能とともに、チェックインツールや場所に関するページなどの位置情報機能を追加する可能性があるという。

新しい小規模企業向け技術サポートサービス

 小規模企業を対象にした技術サポートサービスは、消費者向けの話ではないが、明日のイベントで発表の可能性があるものとして挙げておこう。

 このサービスは「Joint Venture」と呼ばれており、AppleInsiderが2月28日に詳細を報じた。この年額500ドルのサービスは、最大5台のMacに適用可能で、AppleのGenius Barでの優先的な技術サポートを提供するという。そのほかの特典としては、グループでのトレーニングセッションや電話での優先的な技術サポートが含まれると言われている。これは、99ドルで最大3台のマシンをカバーする個人向けの既存サービス「ProCare」とは大きく異なっている。

 Appleは、このサービスを開始する計画について、直営店の従業員に概要を伝えたと言われている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]