logo

マイクロソフト、Bing検索結果とFacebookの連携を拡大

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:編集部2011年02月25日 15時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間2月24日、Bing検索結果の一部にFacebook内のアクティビティを反映させる機能について、Bingが返す検索結果の全URLを対象とするよう「拡大」したことをブログ投稿で発表した。

 今回の拡大により、Bingが表示する検索結果に友人が「like」(いいね!)の意思表示や共有をした場合、その友人が検索結果の下に表示されるようになる。

 Microsoftは、ソーシャル機能について、2010年10月に記者会見を開いて一度発表している。この会見には、Bing担当幹部とともに、Facebookの創設者であり最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏が参加した。ここでは、Facebookで友達が「like」ボタンを押下したり、共有したりしたリンクを目立たせる機能が発表されている。同機能は3週間後に米国で順次公開された。

 Microsoftによると、今回の発表された機能も利用は米国内に限定されるという。

Bingは、検索結果に表示されるリンクを分析して、Facebookの友人が特定のURLに「like」していなかをチェックする Bingは、検索結果に表示されるリンクを分析して、Facebookの友人が特定のURLに「like」していなかをチェックする。
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集