logo

マイクロソフト、「Windows Phone」の最初のアップデートに向けて準備

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:編集部2011年02月22日 07時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間2月21日、「Windows Phone 7」端末に対するアップデートの提供を開始した。このアップデートは、新機能を追加する2件のソフトウェアアップデートのうちの1件目に向けた準備を整えるためのものである。

 同社はWindows Phoneブログで、「今回の初めてのWindows Phone向けアップデートは、ソフトウェアアップデートのプロセスそのものを改良するためのものである」と述べた。「したがって、エキサイティングなものではないかもしれないが、コピー&ペーストやマーケットプレイス検索の改善など、ユーザーの携帯電話に今後提供される、すべての価値あるアップデートに向けた準備を整えるものであるため、重要である」(Windows Phoneブログ)

 これらの新機能を追加するソフトウェアアップデートは、2011年3月初旬に提供される予定である。こちらは、マルチタスク機能などを追加する大規模なアップデートであり、数カ月後には大幅に改良されたブラウザも提供される予定である。

 携帯電話をアップデートするには、「Zune」ソフトウェアの最新バージョンがインストールされたコンピュータ(Macならば「Mac Connector」ソフトウェアでも可)に接続し、アップデートを開始する必要がある。

 Microsoftは、携帯電話に対するアップデートメッセージを順次送信中であると述べている。まだ通知を受けていないユーザーも、21日中にはメッセージを受け取るだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集