カシオ、モニタとフレームが回転するコンパクトデジカメなど「EXILIM」3モデルを発表

坂本純子(編集部)2011年02月04日 13時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カシオ計算機は2月4日、デジタルカメラ「EXILIM(エクシリム)」の新製品3機種を発表した。中でも注目されるのは、1月に開催された「2011 International CES」で披露されたモニタとフレームが回転するフリースタイルカメラ「EX-TR100」だ。4月の発売を予定しており、市場想定価格は3万5000円前後になる見込み。

  • 液晶とフレームが回転するフリースタイルカメラ「EX-TR100」

 EX-TR100は、レンズ部を中心にフレームは360度回転し、モニタも270度回転する。フレームやモニタを動かすことで、自分撮りなど自在のアングルで撮影できるのが特長だ。フルHDムービーなどの動画は、フレームを開き安定した持ち方で撮影可能になる。

 広角21mm単焦点レンズを搭載し、複数枚の画像情報を合成するマルチフレーム超解像技術を使った「プレミアムズーム」により、2倍までのズームが可能としている。フラッシュは搭載しない。

  • カラーはホワイトとブラックの2色で、サイズはiPhone 4と同程度

 サイズは、高さ59.0mm×幅122.8mm×厚さ14.9mm。薄型のデジタルカメラながら、高速撮影機能と高速画像処理を持つ「EXILIM ENGINE HS」と高感度1210万画素裏面CMOSセンサを搭載している。重さは157g。薄さを実現するため、バッテリの取り外しはできないが、USBポート経由で充電が可能だ。

 現行モデル「EX-ZR10」と同等のエンジン備え、絵画風の写真が撮影できる「HDRアート機能」も楽しめる。アート効果は、強、標準、弱の3段階から選択できる。

 タッチパネル付きの3.0型液晶を搭載しており、タッチでシャッターを切ることも可能だ。さらに、手を振るなど被写体の動きに反応して、離れた場所からシャッターが切れる「モーションシャッター」を使えば、さまざまなスタイルで撮影できる。

 ネットとの親和性を高めるため、専用のPCソフトを付属。ウェブアルバムや動画共有サービス、SNSなどにアップロード可能だ。

HDRアート機能を強化した「EX-ZR100」と1000枚撮影が可能な「EX-H30」

  • HDRアート機能を強化した「EX-ZR100」

 このほか、HDRアート機能を強化した「EX-ZR100」と約1000枚の撮影ができる超電池寿命の「EX-H30」を発表した。

 EX-ZR100は、2010年11月に発売したEX-ZR10の上位モデルで、EX-ZR10は併売される。

  • 超電池寿命の「EX-H30」

 EXILIM ENGINE HSを搭載し、マルチCPUと2つの画像処理回路に加え、より高速処理が行える「リコンフィギュラブルプロセッサ」により、高速撮影と高速画像処理が強化された。HDRアートや動画を記録しながらの連写、約0.37秒の最短撮影間隔、0.14秒の高速オートフォーカスなどが可能になった。

 アート効果は、強、標準、弱の3段階から選択できるようになったほか、マニュアル撮影機能を搭載。シーンに合わせて撮影モードを選べるモードダイヤルを装備し、操作性をアップした。発売は3月上旬で、市場想定価格は4万円前後を見込む。

 EX-H30は、1回の充電で1000枚の撮影が可能。広角24mm、光学12.5倍ズームを搭載し、電池の減りを気にすることなく撮影できる「旅カメラ」としてアピールしていく。発売は3月上旬で、市場想定価格は3万円前後を見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加